一人前のバイカーを目指す! by GL1500 キャリパーO/H
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリパーO/H

四苦八苦しすぎて、写真取ってません。。。
唯一撮ったものがこれ、
F1000248.jpg

O/Hなんかは皆のブログの方が詳しいと思うので、
あえて書きません。
 
汚れている所はこびり付いてて取れませんでした。
いや、取ろうと思えばとれたけど、メッキが剥がれるのが嫌なので・・・



午前11時から午後5時までやってました、
ブレーキの引きずりは無くなった(に等しい)んですが、

エア抜きが不十分なのかな?
ブレーキレバーがやわい。


やわい!軽い!


実際にかけてみないと分からないと思いますが、一応動画をうpしておきます。
こんな感じなんですが、柔いですよね?




もうしんどくてしんどくて・・・・
もうなにもやる気がしませんw




でもこのまま走ると、絶対オカマほりますw
走ってないけど、絶対急ブレーキかけれないと思うからw



行きつけのバイク屋が欲しい!(個人の店に限る)
関連記事

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

コメント

Re: カスタムファンさん

分かりました!やってみます。
今日は雨で出来ませんでした。
フルード液は空気中の水分を吸うとかなんとか・・・
やっぱりシリンダの中に入ったエアは抜けにくいんですね;;

フルードタンクのとこに白いカスがいっぱい付いてましたよw
最初のやり方でもし直らなかったら、マスターの方も一か八かでやってみようかな・・・w


もう色々教えてもらって感謝感激です。
こっちはなにもできませんがいつもありがとうございます!

では次のエアー抜き試して下さい!

◎念の為又同じですが再度説明したやり方で
 エアー抜きして下さい
 (もしかしたら出きらなかったのが出るかもw)

◎次に一連の作業後ブラケットから
 ホースは繋いだままwキャリパーを外します

◎そしてバルブを高い位置にして大きい方の
 ピストン(バルブに近い方)に今の位置から
 できる限り動かない様に(板とか噛まして)する

◎んでもって!バルブを緩めて小さい方の
 ピストンを押し戻します

◎今度は小さい方が押し戻した位置から
 動かない様に噛ましモノをして大きい方を
 押し戻す

◎終わったらバルブを閉めて完了!

エア噛みがシリンダー部ならばこのやり方で
出るかと思いますが・・・・

★もう一つ!↓(結構これかもw)
ブレーキマスターの不具合も十分考えられます!

レバーを外してマスター側のゴムブーツを
めくって下さいまし!
変な『カス状』のモノがこびりついている状態なら
マスターシリンダーの内部にも
『油粕?』みたいなのが発生している事が多いです
ピストンを動かした時にカスが回ったのかも

というか^^;このカス自体元はブレーキフルードです
にじみ出たフルードにホコリなどが付着して
カス上になるんです・・・

マスター(レバー)側を分解する場合ピストンを
押さえているCクリップを外すのに
専用工具がないと外せない(難い)ので
経験の無い方は手を出さない方がよいかと;;

作業は基本のやり方はありますが経験者は
人それぞれ自分の編出したやり方があるんで
どれが正解ってないんですがね・・・
(車種によってもコツ(クセ)がありますし)

1ポットキャリパーでもエア噛み取れないのが
あったりするのでやっぱクセの方が多いですかね

Re: カスタムファンさん

ありがとうございます。

ピストンの汚れ取りにもう一回O/H?(笑)
教えてもらった通り、エア抜きやったんですが
(自分が悪いんだとおもう・・・)

ある程度の硬さ?から変わらないんですよね
前よりはマシですが、O/H前の感じになって欲しいんですよ><
エア抜きツール?みたいなのがあったので、それ買った方がいいですかねぇ・・・
それかキャリパーが逝っちゃってるんですかね;;


画像ありがとうございます!!
これどっちも参考になります!たw

動画の件

100%エアー噛んでますね!!

ピストンは汚れ?であれば耐水1000番以上で
チマチマ擦った方が良いかと思います・・・
ペーパー掛けで剥がれる程メッキは弱くないですよ
怖いのは浸透した錆び付きでメッキが既に
剥がれている事ですねぇ^^;
新品のパッドを付けた場合ピストンが定位置が
沈み込んだ状態ですので画像の汚れ部分が
錆びていれば交換かも?ですね;;

★エアー抜きコツ?w★
キャリパーのエアー抜きバルブを高い状態に
シングルディスクタイプの場合
サイドスタンド停車で自然に高い位置になる?
コツはゆっくり操作で・・・
バルブ開放>レバー握る>バルブ閉め>
レバー戻す>バルブ開放>レバー握る>
これの繰り返しで抜けるはずです

Wディスクタイプは片側をザァッとエアー抜きし
反対側を丹念に抜いてからのち
はじめの方も丹念に抜くって感じですね♪
抜けきらなければ繰り返しでよろしゅうに

因みヤフーフォト画像でお楽しみ下さいw↓

http://photos.yahoo.co.jp/ph/customfan_sanga/lst?&.dir=/71fb&.src=ph&.view=t

序にカウル補修説明画像もセットしておきました!
実写は後ほどって事で(現在デジカメ不調;;)

下手な画像&長文ご勘弁を^^;
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。